地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東大阪の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

東大阪の地域情報サイト「まいぷれ」東大阪市

親子で楽しむ 『東大阪むかしむかし』

その19  生駒の山に鬼が出た2017/03/24

むかーしむかし、生駒の山には、鬼の家族が住んでおったんじゃ

生駒の山に鬼が出た

二匹の鬼

 むかしむかし生駒の山ン中には、前鬼と後鬼と言う夫婦の鬼が住んでいたそうな。

夫婦の鬼には、鬼一・鬼次・鬼助・鬼虎・鬼彦の5人の子供がおって、二匹の鬼は子らに人間の子供を捕っては食べさせていたので、村人にたいへん恐れられていました。

と、ある日。

ひとりの行者が、村にやって来てこの話を聞き、村人がとめるのも聞き入れず、錫杖(しゃくじょう)を片手に一本歯の下駄をはいて笈(おい)を背たらい、鬼が住まうと言う谷へ向かいました。

鬼の子

 鬼の5人の子供のうち、末っ子の鬼彦は、まだ小さな幼な児でした。鬼の夫婦は、目の中に入れても痛くないほどかわいがっていました。

 鬼彦は、その日も元気いっぱい遊んでいました。
遠くに行ってはいけないよと言われたのも忘れ、生駒の山の谷から谷へ、あっちきょろきょろ、こっちうろうろ、とうとう迷子になってしまいました。

 さて、行者は、鬼の隠れ家を見つけ出し、呪文を唱え出します。

 二匹の鬼は、突然現れた行者に面食らうとともに、先ほどから鬼彦の姿が見えないのは、この行者の仕業だと思い襲い掛かります。

 行者は、体術の達人でもあるのか鬼たちの攻撃をやすやすとかわし、手取りにして高手小手に縛り上げてしまいました。

「やい!卑怯者!! どんなえらい行者か知らんけど、何の罪もない子どもを隠すとは、どうゆう料簡じゃ!!」

「何! わしは、そのようなことは知らぬぞ!」

「嘘つきさらせ!ボケッ!」と口汚く罵りますが、だんだんと不安になってきたのか
「なあ、わいらが悪うございました。せやけど鬼彦には何の罪もおまへんねん。どうか帰してやっとくなはれ・・・・・」

 鬼たちのあまりの嘆きに心を動かされた行者は、また違う呪文を唱え出しました。
そうすると森の奥からひょこっと鬼彦が帰ってきたのです。

「鬼彦!」
「鬼彦や、怪我はないか、無事やったか・・・・」
鬼の夫婦は縄を解かれ、鬼彦をぎゅっと抱き、おいおい泣きだしました。

鬼から人へ

 「なあ、鬼たちや、お前たちにしても子はかわいいモノ、村の人たちが今までどれほどお前たちのために悲しい目におうたか考えてみい、改心して仏に仕える気はないかのう。」
鬼たちは、泣き止むと「へエ、仰せのとおり、あなた様の弟子にしてもらえまへんやろか。」
行者は、孔雀明王の秘法で祈祷をし、鬼の一家を人間に変え、夫婦の頭髪を剃りこぼち義覚、義賢と名をさずけました。
行者は、すべて終わると何事も無かったのごとく、すたすた歩きだしました。
そばで見ていた鬼彦は、「行者様、笈を忘れているよ。」
「なに、これからは義賢、義覚の二人が背負ってくれるのでその必要はないぞ。」と言って、次の山へと去ってゆきました。

生駒の山には、ホトトギスの美しい鳴き声がこだましていました。

この鬼の髪を切ったところは「髪切(こうぎり)」と呼ばれ、鬼を改心させた行者こそ、「役小角(えんのおずの)」でありました。

役小角

 生駒山は、古くから修験の山として知られてきました。

宝山寺から慈光寺、千光寺と多くの寺々が集まり、巨木がそびえ立つ暗がりの中に修験者が山駆けをし修行をしていた古道が残されています。

日本では古くより山は神の住まうところ、または大自然そのものが神と考えられてきました。

修験道とは、その山岳信仰と外来の密教や陰陽道などが習合して成立したもので、その行者は山に伏し過酷な修行をおさめることから山伏と呼ばれました。

それら山伏・修験者たちの開祖こそ、この役小角であると伝えられています。

小角、生駒を翔ける

 飛鳥のむかし、大和国御所の里に生まれ、幼きころより賢く、7歳にして仏に興味を持ち、9歳で出家して、仏教の蘊奥を極め、孔雀明王の呪法を体得しました。

13歳になると葛城山に登り、藤葛の衣を着、松の実を食べ、滝に打たれて修行をはじめました。

19歳のとき、麻の如く乱れていた人心を救済しようと発願し、長きにわたる山嶽修行に入るべく生駒山のふもと平群谷鳴川の里へやってきました。

そこで清水が流れる小川を見つけ、何処から流れて来るのだろうと山中に分け入ったところ、長さ三丈(約9m)もの大蛇に出会い、襲いかかって来たのを、孔雀明王の真言を唱えて錫杖をふるって斃しました。

すると白髪の老人が現れて「ここは仏の住まう霊地、ここで修業するがよい」と告げられました。
小角は、鳴川の里に小さな草堂を建てて千手観音を刻み、小角の身を案じた母とともに日夜修行に励みました。

ある日、生駒山上から南方を見たところ、山々の中にひときわ霊威を感じる山を見つけたので、鳴川に母を残し、大峰山の山上ケ嶽に登り、ここを修行の根本道場と定めました。

母が残って修行していた草堂は、「千光寺」と名付けられ、または元山上とも呼ばれ、女人山上とも称し女人の修行道場として栄えました。 

小角はほかにも、髪切の里に「髪切山慈光寺」を建立し、辻子谷には「鷲尾山興法寺」、石切駅すぐ下の「慧日山千手寺」も小角の開基と伝えられています。
六万寺の往生院の背後の「岩滝山」も役小角修行の地と伝わっています。

小角は64歳まで、二匹の鬼を従え、三十三度の峰入りを行いました。

大峰山を中心として、葛城山・金剛山・笠置山・愛宕山・伊吹山そして出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)、筑波山・二荒山、白山・立山・伯耆大山(ほうきだいせん)・石鎚山・彦山・阿蘇・霧島の諸霊山を開き、激しい修行で修験道を確立してゆきました。

その小角の力のみなもとは、生駒山の霊力にあったのやも知れませんね。


                            おはなし  ひょこタンのパパ

(その19おしまい)


その20をお楽しみに!

バックナンバーはこちらから

                                 

PICK UP 東大阪のお店 ~学ぶ・スクール~

  • NPO東大阪青少年スポーツ育成クラブ

    NPO東大阪青少年スポーツ育成クラブ

    東大阪市日下町1-10-8

    [ スポーツ事業(コ-チング) ]
    スポーツを通じて 健全な家庭環境をつくるために活動しています。

  • 学研教室 弥刀教室

    学研教室 弥刀教室

    東大阪市大蓮東1-10-14

    [ 学習教室 ]
    「あ、わかった!」を導いて、出来る自信へ繋げていきます。

  • Garage Art Space

    Garage Art Space

    東大阪市西堤本通東3-6-23

    [ バレエスタジオ ]
    入会金なし! 初めてのバレエからプロのためのオープンクラスまで

  • NPO法人全世界空手道連盟新極真会 大阪東部支部 若江岩田道場

    NPO法人全世界空手道連盟新極真会 大阪東部支部 若江岩田道場

    東大阪市菱屋東2-4-21 相栄ロイヤルビル102号

    [ 空手道場 ]
    礼儀正しく、のびのびと。厳しくも楽しく心を育てる道場です。

  • Rehearsal STUDIO 525

    Rehearsal STUDIO 525

    東大阪市小阪1-12-12 小阪プラザ2階

    [ レンタルスタジオ 音楽スタジオ リハーサルスタジオ ]
    河内小阪駅からすぐ、バンド・楽器練習ならStudio525へ

  • ギャラリーコンパスカフェ

    ギャラリーコンパスカフェ

    東大阪市御厨南1-3-24 半地階

    [ ギャラリーカフェ ]
    アートとコーヒーが薫る空間。あなたのアトリエへようこそ!