地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東大阪の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

東大阪の地域情報サイト「まいぷれ」東大阪市

親子で楽しむ 『東大阪むかしむかし』

その1  河内(かわち)のくには河のなか2015/05/12

むかーしむかし、東大阪市の多くの地域は海の中やったんやでー!?

「あんなァ、むかし東大阪は海やってんでェ。」

7000年ほどの大昔、東大阪の大半は海の底でした。

現在より数℃ほど暖かく、現在より海面が2~3メートル高いため、河内湾(かわちわん)と呼ばれる入江になっていたんです。

地上に出てるのは上町台地だけ、河内湾には鯨すら泳いでいたんです。

「ほんでなァ、海がふさがって湖になりよったんやァ。」

時代が下るにつれて、大和川が運ぶ土砂によって上町台地が北へ北へと伸びていったために、河内湾はふさがれてゆきました。

そして大和川が運ぶ水によって淡水化されて、古墳時代のころには河内湖(かわちこ)となりました。

「せやから、河内のくには河ンなかやってン。」

河内湖は、ゆっくりと縮んでゆきました。

中世のころには北東側に深野池(ふこうのいけ)(南北約8km・東西約4km)、南西側に新開池(周囲約12km)という二つの大きな池(湖か?)を残すのみとなって湿地化してゆきました。

当時の大和川(やまとがわ)は、奈良盆地から水を集めて、金剛・生駒の峡谷を刻んで河内平野に出るのですが、流れ道を上町台地にさえぎられるために、蛇行しながら河内平野を北に北にと流れていったのです。



そして、河内の低湿地を長瀬川、玉串川などに分かれて乱流し、深野池・新開池に流れこみ、そこから西流し淀川と合流して大阪湾に注いでいたのです。



長瀬川(ながせがわ)は、現在では想像もできないのですが、広いところでは川幅700mもあり、大和川の本流として河内の里を潤おしてきました。

大阪と奈良を最短で結ぶ水路であり、流域には久宝寺や八尾といった町が発展してゆきました。

玉串川(たまくしがわ)は、現在の近鉄花園駅付近で菱江川と吉田川に分かれていて、その船着場は各地の物産を集めて定期的に市が開かれていたため市場村(いちばむら)と呼ばれたそうです。

両川はともに奈良・河内・大阪を結ぶ重要な水運の拠点であり、剣先船(けんさきぶね)の往来で賑わっていたそうです。

「そこでなッ、大和川を付け替えたんじゃァ!」

大和川は天井川といって、何百年もの長い間に上流から流されてきた土砂が積み重なって、川底が両岸の土地より高くなっている川です。

川底が高くなると、両岸の村々は堤防を高くし、さらに川底が高くなるとまた堤防を高しなければならないので、川底が両岸の土地よりどんどん高くなっていくのです。

ところが、その大和川、もともと保水能力の高い山地をひかえているため、こと梅雨や台風ともなるとそれが仇となり、山地や盆地で蓄えられた多量の水が吐きだされて、急流となり、北上する川からあふれ出して水害となるのです。

まして周囲の土地より高い天井川、一旦氾濫すると洪水の被害をさらに大きなものとしていました。



今米村の庄屋・中甚兵衛(なかじんべえ)を中心とした河内の百姓たちが、たび重なる洪水の被害をなくすため「大和川の流れの向きを九十度変える」という凄い事を考えだしました。

そして江戸幕府に直訴して50年にわたる付替の運動が展開され、ついに宝永元年(1704年)に大和川の付け替え工事が行われました。

付け替えられた大和川は、現在のように河内平野を西流して大阪市と堺市の境を通り大阪湾に注ぐようになりました。

「水が引いたらナ、みのりの里となったんやデェ」

3年計画の工事は、多くの百姓たちの力と、協賛した大阪商人たちの働きによって、わずか8ヶ月足らずで完成しました。

付け替えられた元の大和川の本流は小さな運河や新田へと変わり、深野池や新開池は水量が減少して、開墾が出来る下地が作られました。

宝永2年(1705年)、新開池は大阪の豪商・鴻池善右衛門宗利により埋められ、鴻池新田(こうのいけしんでん)として開拓され、数ある新田の中でも最大の開発面積(約119ヘクタール)を誇ります。

深野池や周辺の低湿地は、新田を開発するための水路が整備され、田舟による水運が盛んになり、実りの大地と化しました。

旧河床は、元々が砂地であり稲作には不向きであったので、木綿の栽培が盛んになり、それらは河内木綿(かわちもめん)と呼ばれるまでになったのです。



明治になると、天井川であった利点を活かし、旧川沿いには鉄道が敷設され(大和路線八尾駅~柏原駅、近鉄大阪線長瀬駅~久宝寺口駅、片町線京橋~鴻池新田)、宅地の開発や学校の建設も行われました。

1928年に大阪線長瀬駅北側の旧川床には、帝国キネマ長瀬撮影所が開設され、「東洋のハリウッド」と呼ばれていたそうです。



東大阪は、大和川の恩恵と脅威を受けて、その歴史は刻まれてきました。

高度成長期までは、河内平野は豊かな田園風景の続く水郷地帯であったのです。

まさに河内のこころは、河のなかに有ったんですネ。


                                  おはなし ひょこタンのパパさん
(その1おしまい)

その2をお楽しみに!

                                 

PICK UP 東大阪のお店 ~暮らし・相談~

  • 細川行政書士事務所

    細川行政書士事務所

    東大阪市本町10-19

    [ 行政書士事務所 ]
    遺言・相続・車庫証明・自動車手続等生活の中の手続きをサポート

  • 特定非営利活動法人 東大阪市民たすけあいの会

    特定非営利活動法人 東大阪市民たすけあいの会

    東大阪市上石切町1-11-14

    [ 市民活動、特定非営利活動、ボランティア、たすけあい ]
    行政や既存サービスで手の届かない事たすけあいの精神でお手伝い

  • まいぷれ東大阪市編集局

    まいぷれ東大阪市編集局

    東大阪市西石切町3-6-18 竹中ビル403

    [ 東大阪市情報サイト ]
    町の情報からお店情報まで、東大阪の情報を発信します!

  • 日本仲人協会加盟 結婚相談所マリッジブリング

    日本仲人協会加盟 結婚相談所マリッジブリング

    八尾市北本町3-4-2

    [ 結婚相談所(お見合い、婚活) ]
    婚活はあなたがその気になる事が大切です!

  • DOG SALON room

    DOG SALON room

    東大阪市長田西1-2-21 ラ・グランツ1階

    [ シャンプー/トリミング/爪切り/耳掃除/泥パック/温泉浴 ]
    楽しさと癒やしをつめ込んだ子ども部屋のようなトリミングサロン

  • 尾上写真場

    尾上写真場

    東大阪市足代1-16-2

    [ 写真撮影・スタジオ ]
    布施に近い便利なフォトスタジオで幸せの一瞬をお手伝い♪